女性の悩み解消ガイド

女性の悩み解消ガイドTOPへ  > 性器と性行為の悩み   >  性行為後の出血

性行為後の出血

性行為後の出血

性行為後の出血は、膣に小さな傷ができたために起こることが多いようです。性行為後の出血は珍しいことではなく、膣内も粘膜なため、激しい刺激があれば炎症を起こしたり、出血することがあるのは当然なのです。

しかし、程度が問題です。痛いときは、はっきりと彼に伝えましょう。

痛い性行為を我慢していることこそ、大きな問題なのです。

例えば、普段、化粧品でメイクをするような感覚で、ベッド専用美容ジェルを使用してみるのもいいですね。

女性の体はとってもデリケートなものです。なお、出血量が多い、性行為のたびに出血するようなら産婦人科医に相談しましょう。

ページのトップへ ▲

性器と性行為の悩み内の記事一覧

子宮筋腫は病気です。備えあれば憂いなし

女性なら誰でもなりうる病気、子宮筋腫。現在では30代の女性が子宮筋腫と診断されるケースも多いそうです。 いざという時のために、子宮筋腫に対応した入院保険を検討しておくと良いと思います。 管理人も実際、保険に入っています。その保険はコチラ
Copyright (C) 2006 Academia Japan, Inc. All Rights Reserved.